シブヤチャイルドクリニック

港北区の一般小児科,アレルギー科 シブヤチャイルドクリニック

〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山3丁目56-22
ナビウス大倉山1F
TEL 045-542-6915
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

横浜市「病児保育事業」のご案内

くりっこ病児保育

横浜市子育て支援事業の一環として、当院の病児保育室は横浜市より委託されております。

病児保育室とは?

医療機関併設型病児保育室で、看護師・保育士が病初期の段階からお子様をお預かりします。
生後6カ月から小学校高学年生(6年生)までの病気のお子様を、その療養者が仕事の都合や事故、出産、冠婚葬祭など社会的にやむを得ない事情での育児が困難な時期、一時的に保育する事業です。

ご利用までの流れ

(1)事前登録をします。
(2)病状の経過を書いた4号様式が必要ですので御用意下さい。
原則かかりつけ医
ご事情があって、まにあわない時は当院外来受診可能です。
(木曜日は事前の連絡が必要)
※4号様式利用有効期限 7日間(同一疾患について)
病状が大きく変化し、既出の4号様式の内容と大きく異なる場合、お預かり可能か、再検討が必要になります。
(3)電話予約になります。
(ご予約は電話のみの対応です。)
(4)予約確定日に入室となります。

☆病児保育時間☆
8:30~17:30(月~金)
土日祝日、12月29日~翌年1月3日まではお休みです

☆対象児童☆
生後6カ月から小学校高学年生(6年生)
横浜市外からの児童も受け入れます。
(平成28年度から生活保護世帯、市民税非課税世帯、寡婦(夫)控除のみなし適用世帯は全額減免で無料となりました。
※この対象者は横浜市在住)

麻疹(はしか)流行性角結膜炎(はやり目)は対象外です。

栄養士が調理したお食事を、お子様のアレルギーを考慮し病状に合わせてご用意しております。

登録の仕方

1.申込用紙(3号様式)に記入していただいたものと、母子手帳の予防接種のページを
コピーしたものを、当病児保育室まで郵送、FAX、またはご持参ください。

2.後日くりっこ病児保育室から登録番号を電話でお知らせいたします。
この連絡をもって事前登録は完了になります。

予約の仕方

お電話(045-542-6941)のみの対応となります、登録番号、お名前、病状をお知らせください。

対応時間8:30~18:00

それ以外の時間帯は留守番電話でのお申込みとなります。ご希望の日時、名前、登録番号、年齢、連絡先をお話ください。翌朝8:30~9:00までの間にご連絡いたします。
注意:回復し、登園、登校された場合は翌日以降の御予約をキャンセルさせて頂きます。御了承ください。

保育料

保育料 2,000円/御利用1回
昼食+おやつ+飲み物代(ミルク、補液、お茶等) 500円

朝の受け入れ

1.朝は8:30から受付いたします。看護師の問診や利用手続き、病状が悪化されている場合は受け入れ可能かどうか入室前に医師の診察が必要となる事もありますのでご了承ください。
問診・手続きがスムーズに行えるよう、あらかじめ必要書類(5号様式くりっこ情報記入表)の記入をお願いします。

2.お迎えの予定時間とお迎えの方をお知らせください。(※お迎え時間は17:30までにお願いします。お迎え時、身分の証明できるものを持参ください)

3.事前利用登録後に変更があった事柄(連絡先、予防接種、感染した病気)がある場合は事前にお知らせください。

お迎え

17:30までにお願いします。
お子様の一日の様子、病状説明、翌日の利用の要否、お会計をお済ませになり、
18:00までに退室となります。

キャンセルをする場合

予約完了後にキャンセルをされる場合には、キャンセル待ちでお待ちになっている方の為にも、出来るだけ早いご連絡をお願いします。キャンセルが決まった時点で電話(留守番電話)またはFAXにてご連絡ください。
キャンセル待ちの方もいらっしゃいますので当日8:30までには御連絡お願いします。(045-542-6941)
特殊な事由の有る場合を除き、無断キャンセルされた方はその後のご利用をお断りしますので必ず御連絡お願いいたします。

当日の持ち物

1.横浜市病児保育事業利用連絡書(第4号様式
2.健康保険証と乳児医療症
3.利用料が減額の対象になる方はそれを証明する書類
・生活保護世帯の方はそれを証明する書類
・市民税非課税世帯の方は直近の非課税証明書(※原本)
・寡婦(夫)控除のみなし適用通知書(※原本)
上記の書類を事前に準備されまして当日お持ちください。
4.母子健康手帳
5.薬(内容が記載された用紙やお薬手帳もお持ちください)
6.着替え、おむつ、コップ、ハブラシ、口拭きタオル2枚
7.ビニール袋(汚れものを入れます)
8.食事用エプロン(必要に応じて)
9.使用を希望される方は冷えピタ等(こちらでもご用意はございますが有料となります)
10.マスク(2枚以上お持ちください)

おくすりについて

1.主治医からの処方薬(現在飲んでいるくすり)をお昼分と追加分のみ持参してください。その際、お薬の袋ひとつずつに氏名、内服する日の日付、薬の名前を記入してください。記入がない場合は、こちらで与薬させて頂く事が出来ませんのでご注意ください。

2.水薬はそのままお持ちください。ただし容器に薬の名前、氏名を油性ペンでしっかりご記入ください。

3.頓用のお薬(座薬、吸入薬、咳止め、目薬、塗り薬など)もそのままお持ちください。

4.薬局でもらったお薬の説明書、お薬手帳も一緒にお持ちください。

確認事項

1.感染症には細心の注意をし、隔離室保育を含めて個別対応にしておりますが、病気をうつされることが全くないというわけではありません。

2.満床の場合は、隔離を要する疾患(水痘、おたふくかぜなど)のお子様でも、現在は隔離を必要とせずそれらの疾患の既往歴があるお子様と同室になる事があります。

3.1歳2カ月以上で麻疹ワクチンの接種が済んでいない方は、他の方の感染症のリスクを考慮してお預かりしていませんが、診断名が確定している場合は隔離室でのお預かりが可能な事もありますのでご相談ください。

4.病児保育期間中、病状により必要があれば保険診療(原則としてかかりつけ医または所属医療機関シブヤチャイルドクリニック)を受けて頂きますので、その費用が追加になることがあります。

5.予約をお受けしていても、朝の病状の重症度により保育が出来ないと判断したときは、お預かり出来ないことがあります。

6.保育中に病状が悪化して、保育の継続が困難になったときは、予定時間より前でもお迎えをお願いします。
(1時間以上お預かりした場合は保育料金が発生しますのでご了承ください)

7.お預かり中、緊急時と症状の急変の場合は、設置主体の診療機関にて診察いたします。

8.緊急時を除いて、病児保育室での点滴などの長時間の看護管理を要する医療処置はいたしません。

9.喘息の定期的な吸入処置、呼吸困難・入眠困難・食事困難のある場合は御希望により簡単な処置は可能ですが、保険診療の扱いになります。

10.延長保育はありません。なお、事故などのやむを得ない事情以外でご連絡なく遅刻したときは、利用登録を抹消させて頂くことがあります。ただし、災害時の交通機関の遅れによりお迎えが遅れる場合については延長料金を頂きます。(1時間経過したら1時間あたり2,500円となります)

11.過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことのある方、生まれてから今までに特別な病気(発達障害、先天性異常、心臓、腎臓、肝臓、脳神経の病気、免疫不全病、その他)にかかられた方は、その旨を登録時、予約時、問診時にお伝えください。

12.安全には十分に注意してお預かりいたしますが、低年齢のお子様ですので乳幼児突然死症候群(SIDS)などの可能性もあります。当日のお子様のご様子を詳しくお聞かせください。

※乳幼児突然死症候群(SIDS)元気ですくすく育っていた赤ちゃんが眠っている間に突然亡くなっている病気のことです。今のところ原因は分かっていません。日本では4,000人に一人の割合で起こるといわれ、生後2ヶ月から6ヶ月に多く、まれに1歳以上でも発症することがあります。